NAZO×NAZO劇団(ナゾナゾ劇団)は、謎解き・宝探し・脱出ゲームなどリアルに物語を体感できるイベントを開催しています。

和歌山城×リアル謎解きゲーム2「紀州徳川家の礎を築いた徳川頼宣の治世」


<イベント特徴>
目の前に当時の和歌山城が蘇る!!スマホアプリ「ストリートミュージアム®」で今話題の拡張現実
「AR」やバーチャルリアリティ「VR」を駆使したリアル謎解きゲームが実現!大好評だった第1弾に続き
和歌山城×リアル謎解きゲーム第2弾として「徳川頼宣編」が決定!歴史×最先端テクノロジー!
スマホをかざすと目の前がタイムスリップする感動をぜひ体験してください!

<ストーリー>
あるアプリをダウンロードし、
1585年の和歌山と深い関わりを持ったあなた。
和歌山城築城に携わりお虎たちとの通信が途絶えてからも、
そのアプリを消去できずにいた。
ある日、再びアプリを起動すると、通信が入り――!?

時は1619年の和歌山。
紀州徳川家が誕生したその年、頼宣に選ばれたあなたは
再び歴史の1ページに足跡を残すことになる――。

徳川御三家の一つ・紀州徳川家。
その礎を築き「難治の国」と呼ばれた和歌山に
平穏をもたらせた男とその役割に迫る――!

 

■和歌山城とは
和歌山城は、天正13年(1585)に羽柴秀吉が弟の秀長に命じて創建されました。築城の名人として知られる藤堂高虎らが普請を担当したといわれています。
秀長が郡山城に移ると、桑山重晴が城代をつとめました。
元和5年(1619)、徳川家康の10男頼宣が55万5千石を拝領し、紀州藩が成立。頼宣は二の丸を西に広げ、砂の丸・南の丸を新たに造成しました。紀州徳川家は、尾張・水戸とともに「御三家」と呼ばれ、8代将軍吉宗、14代将軍家茂を輩出しました。

明治34年(1901)和歌山城は、和歌山公園として公開され、昭和6年(1931)に史跡(しせき)に指定されました。その後、天守閣は昭和10年(1935)に旧国宝に指定されますが、昭和20年(1945)の和歌山大空襲で焼失してしまいます。
現在の天守は、昭和33年(1958)に鉄筋コンクリートで再建されたものです。外観は江戸後期の天守の様子を忠実に再現しており、和歌山城のシンボルとして多くの方々に親しまれています。

 

■「ストリートミュージアム®」とは
バーチャルリアリティ(VR)と全地球測位システム(GPS)を組み合わせた旅行者向け観光アプリです。
現存しない城郭などの史跡を高精細かつ色鮮やかに VR コンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット 端末で位置情報と連動してその土地その場所ならではの体験ができます。
旅行者は本アプリを利用することで VR コンテンツを通じてバーチャル観光が体験できるほか、音声による 解説で理解を深めたり、現在の地図だけでなく当時の古地図を見ながら町歩きを楽しむことができます。
URL:http://www.streetmuseum.jp/

日時 2019年3月16日(土)から2020年3月15日(日) 1年間に渡って楽しめるイベントです!
開催時間:9:00~17:00(最終受付時間 15:00)
参加費

無料(※別途、和歌山城天守閣入場料がかかります。)
【 和歌山城天守閣入場料:大人 410円/小中学生 200円 】

場所

会  場:和歌山城および和歌山公園
受付場所:わかやま歴史館2F歴史展示室

 

【アクセス】
和歌山城(わかやま歴史館・和歌山公園)
〒640-8146 和歌山市一番丁三番地
<電車>
JR和歌山駅からバス(0系統、25系統)公園前バス停下車またはJR和歌山駅からタクシー
南海本線 南海和歌山市駅から徒歩約10分
<車>
阪和自動車道 和歌山ICから国道24号、三年坂通り経由約15分
国道24号、三年坂通り経由または、国道24号、国道42号経由
<周辺駐車場>
和歌山公園駐車場、岡公園駐車場、ほか。

名前  
メールアドレス  
line@登録

Return to Top ▲Return to Top ▲